Tag Archives: 自然との共生

微生物は不思議な生き物?! 「11.アミノ酸発酵菌」

28 2月

微生物とは不思議な生き物バナー アミノ酸発酵菌
 上野で動物の糞の混じった土壌から1957年,木下・鵜高らによって糖質培地でL-グルタミン酸を生産する菌、コリネバクテリウム・グルタミカが分離されました。この頃から微生物の菌体内で一種の異常代謝(生体制御発酵)を起こさせアミノ酸を生産するアミノ酸発酵法が急速に発展し、世界に誇る発酵技術となりました。この方法はやすい原料(廃糖蜜)で大量のアミノ酸を製造できるので食品工業(グルタミン酸等)だけでなく飼料用(リジン、バリン等)や医薬品用(アスパラギン酸等)として大量にアミノ酸が生産出来ます。
 うま味といえば日本の食文化として誇るべきものですが昆布からもとれるグルタミン酸だけが旨み物質ではありません。
 最近「舌にうまみを感じるセンサー」があることが報告され話題となりました。これまでもうま味を感じるところが舌にあると強く主張していた日本ですから、アミノ酸ではないイノシン酸やグアニル酸も当然といえば当然ですがうま味物質として世界に先駆け発酵生産させていました。イノシン酸はバチルス・サチルス(納豆菌と同じ種)の生産したイノシンをモルガネラ・モルガニイ菌が作る酵素を作用させイノシン酸への変換させる方法で作られています。

著者紹介

  惣田昱夫

1945年生まれ、1969年静岡大学農学部卒、1970年から2003年まで神奈川県庁(肥飼料検査所、衛生研究所、環境科学センター)勤務、2004年から2010年まで静岡理工科大学物質生命科学科(教授)勤務、2011年から(株)ぴゅあ、技術顧問、2012年(11月)からNPO法人 未来アース理事長、専門 環境微生物、環境(廃棄物等)工学、エネルギー微生物、農学博士

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

広告

微生物は不思議な生き物?! 「10.乳酸・酢酸菌」

2 12月

微生物とは不思議な生き物 乳酸・酢酸菌
 有機酸発酵菌について書きましょう。代表的な菌は乳酸菌や酢酸菌ですが、乳酸菌については、乳酸菌を使って無添加ハムを作られた阪上室長のかかれたものもお読みください。ここでは乳酸菌の特徴と酢酸菌について書きます。
 乳酸菌は球菌と桿菌があります。また発酵により乳酸だけを作るホモ乳酸発酵と酢酸など他の物も作るヘテロ乳酸発酵があります。乳酸菌の効果として,免疫活性作用、発癌物質の排出・分解、便秘・下痢の解消、病原菌感染の予防などがあると言われています。漬け物の発酵などでも乳酸菌は活躍します。この菌類はヒト常在菌でもあり、腸内だけでなく成人女性の膣内に生息しています。この産生する乳酸によって膣内は酸性に保たれ、他の病原細菌の侵入増殖を阻害しています。
 酢酸菌は、食酢を作る働きをしています。代表はアセトバクター、アセチです。昔食酢の中にオリとして嫌われたアセトバクター・キシリナムの産生するセルロースのくずは、今では非常に細かく弾性にとむことが知られており、スピーカーの音響振動板として実用化(外内尚人、化学と生物No. 8, 2001)されています。またナタデ・ココを作るためにも使われています。
何が新しい物を生み出すかわかりませんね。皆さんもよく目を凝らしてみていると新しい発見があるかもしれませんよ。

著者紹介

  惣田昱夫

1945年生まれ、1969年静岡大学農学部卒、1970年から2003年まで神奈川県庁(肥飼料検査所、衛生研究所、環境科学センター)勤務、2004年から2010年まで静岡理工科大学物質生命科学科(教授)勤務、2011年から(株)ぴゅあ、技術顧問、2012年(11月)からNPO法人 未来アース理事長、専門 環境微生物、環境(廃棄物等)工学、エネルギー微生物、農学博士

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

乳酸菌ハム開発物語 その6 <無添加でも美味しくなければ始まらない 3>

25 10月

画像

6.<無添加でも美味しくなければ始まらない 2>

実は私も水産学部漁業学科とはいえ理系の端くれです。(何で水産が畜産?)理系の人間は特に研究者は「新しいこと」「誰もやっていないこと」には目が無いことぐらいは知ってました。しかし食肉加工のことをよく知っている先生の目に何が目新しく見えるのか、よくわかりません。
代表の音成さんや工場長の吉田さんから「長期間の塩漬を(当然「湘南ぴゅあ」ですから発色剤もその他の添加物も入ってませんが)することで美味しいものが出来ることがある。発酵熟成の効果に違いない。これをコントロールできれば絶対に上手いモノが出来るはずだ!!!」という話をたびたび聞かされました。また実際に塩漬の後期になると、漬け込み液が濁ってしまうモノ、酸っぱくなるモノなど様々な状況が観察される中に塩漬液が透明で、実にきれいなモノが有りました。味見をすると酸味もなくうまみの強い塩漬液です。こういう状態で塩漬された肉はハムにするととても美味しく「これなんだ、みんなが言っていたのは…」という経験もしていました。もし河原先生が話に乗ってくるとするとヤクルトのこともあるし、これかなとぼんやり考えていました。

前回の話「乳酸菌ハム開発物語 はじまり」はこちらからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

微生物は不思議な生き物?! 「9.酵母菌」

26 9月

ソウダ先生9回目
9 酵母菌

  酵母といえばお酒ですね。
でもパン酵母もよく知られています。
お茶畑にも酵母は結構いますよ。
私の研究ではよく分離しました。
 酵母を初めて見た人はオランダーのレーヴェンフックで1680年ことだったそうです。
顕微鏡を作った人で知られていますね。
名前はサッカロミセス・セレビジェです。
日本では明治28年(1895) 矢部規矩治(やべきくじ)博士により分離され、
サッカロミセス・サケと名付けられました。
清酒作りで古くから知られる方法に“山廃作り“がありますが、
この方法は殺菌方法の無かった昔雑菌防止法としては素晴らしい方法です。
仕込み後10℃いかにしておくと硝酸還元菌が生成する亜硝酸で雑菌を抑え、
徐々に温度を上げ乳酸菌が増殖し乳酸が増えます。
この酸で硝酸還元菌が死滅します。
このあと乳酸耐性のある清酒酵母が増えます。
このあと乳酸とアルコールにより乳酸菌が死滅し、
清酒酵母が優先して働きアルコール発酵が活発化し清酒となります。
ただ途中で火落菌(乳酸菌の一種)が発生しないようにする必要があります。
香りは、バラ臭、カプロン酸エチル、酢酸イソアミル等の果実臭がします。
日本酒度は糖度でみます、甘いと-、辛いと+となります。
お酒は「適度な量は健康によい」ようですが、
過度の飲料は「健康に悪い」様ですから適量を楽しみながら味わってほしいものです。

著者紹介

  惣田昱夫

1945年生まれ、1969年静岡大学農学部卒、1970年から2003年まで神奈川県庁(肥飼料検査所、衛生研究所、環境科学センター)勤務、2004年から2010年まで静岡理工科大学物質生命科学科(教授)勤務、2011年から(株)ぴゅあ、技術顧問、2012年(11月)からNPO法人 未来アース理事長、専門 環境微生物、環境(廃棄物等)工学、エネルギー微生物、農学博士

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

乳酸菌ハム開発物語 その5 <無添加でも美味しくなければ始まらない 2>

5 9月

画像

5.<無添加でも美味しくなければ始まらない 2>

その後「亜硝酸入れて通常通り造ってもなかなか美味しくならないんで、ヤクルト試しに入れたら美味しくなるんですね。乳酸菌のような有用な微生物がハムの美味しさに影響を与えていると思います。」ということを聞いて「有用微生物の乳酸菌」というものがハム造りの決め手で何か邪道の無添加ハムでもこれを上手く使ったら美味しいものが出来るのではないか、河原先生を何とか引っ張り込んで、無添加の研究をしてもらえれば美味しくてみんなに喜んでもらえる「無添加ハム」がつくれる。「これでしょ!!」ということだったのですが、「ハテさてどうしたら河原先生が無添加ハムになびいてくれるのか・・・?」これが問題でした。

前回の話「乳酸菌ハム開発物語 その4」はこちらです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

微生物は不思議な生き物?! 「8.空を飛ぶ納豆菌」

19 8月

微生物とは不思議な生き物バナー
「空を飛ぶ納豆菌」
花粉症、PM2.5と何かと話題となるこの頃ですが、納豆菌が空を飛ぶなんて事は話題となっていません。でも黄砂のことは皆知っていて、春になると偏西風で中国から飛んでくる、西日本は酸性雨の原因担っているなど話題になっています。空を飛ぶ納豆菌(岩坂安信著)によると“黄砂は微生物の格好の乗り物“だそうで、空からきた菌で納豆を作ったそうです。商品名は”そらなっとう“だそうで、金沢大学発の商品で市販されているとのことです。黄砂はタクラマカン砂漠やゴビ砂漠から舞い上がった粒径1000分の5ミリ程の大きさ。金沢大学の研究グループは、航空機や気球に搭載した特殊な装置で珠洲市の上空3000m付近で黄砂の粒子を採取し、付着する細菌のDNA解析を行なったところ、いろんな菌種と一緒に枯草菌の「バチルス・サチリス」が確認されたそうです。大気中では通常1%ほどですが、珠洲市上空で採取した黄砂には80%以上の確率で検出されたそうです。中国・敦煌の上空と富山・立山連峰の積雪したサンプルでも同種の菌が確認され、これらの菌種が黄砂に乗る日本に飛んできたようです。納豆の試食会では珠洲市上空3000mと館山の物が評判のいい納豆だったそうです。微生物は地球上を飛んでいるのですね。

著者紹介

  惣田昱夫

1945年生まれ、1969年静岡大学農学部卒、1970年から2003年まで神奈川県庁(肥飼料検査所、衛生研究所、環境科学センター)勤務、2004年から2010年まで静岡理工科大学物質生命科学科(教授)勤務、2011年から(株)ぴゅあ、技術顧問、2012年(11月)からNPO法人 未来アース理事長、専門 環境微生物、環境(廃棄物等)工学、エネルギー微生物、農学博士

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

乳酸菌ハム開発物語 その4 <無添加でも美味しくなければ始まらない>

17 7月

画像

4.<無添加でも美味しくなければ始まらない>

亜硝酸塩は発がん性物質を作り出す引き金となることが分かり、1970年代後半から80年代、消費者の皆さんからの要望もあって、塩漬(食塩、発色剤等で作った塩漬剤に原料肉を漬け込むこと)の過程で発色剤を入れない、無塩漬ハムがあちこちで造られるようになりました。無塩漬ハムはほかの食べ物と比べ生まれてからまだ30年程度の「若い食べ物」です。さらに、その生まれた経緯から言っても、その当時は『美味しさ』は二の次で、先ず『安全な食べ物』であることが優先でした。従って、ただ発色剤を抜いただけの「色の悪い。味の悪い、日持ちもしない。」ハムもどき、業界からも継子扱いされ、安全だから味や色は目をつぶる食品でした。(で現在は?)しかし、無塩漬ハムは食べ物です。食べ物は先ず美味しくなければなりません。無塩漬ハムに対する私たちの考え方は30年前の開業当初から、安全をベースに発色剤が抜けた穴をどう埋め、さらに発色剤入りのハムより美味しいものを目指すことでした。そして現在も安全で美味しい新しい食肉製品(ハム・ソーセージ)を目指して亜硝酸などの食品添加物を用いないハム・ソーセージ作りを続けています。私たちがこの30年間に無塩漬ハム・ソーセージをどのように美味しくしようとしてきたかお話できればと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/