微生物は不思議な生き物?! 「11.アミノ酸発酵菌」

28 2月

微生物とは不思議な生き物バナー アミノ酸発酵菌
 上野で動物の糞の混じった土壌から1957年,木下・鵜高らによって糖質培地でL-グルタミン酸を生産する菌、コリネバクテリウム・グルタミカが分離されました。この頃から微生物の菌体内で一種の異常代謝(生体制御発酵)を起こさせアミノ酸を生産するアミノ酸発酵法が急速に発展し、世界に誇る発酵技術となりました。この方法はやすい原料(廃糖蜜)で大量のアミノ酸を製造できるので食品工業(グルタミン酸等)だけでなく飼料用(リジン、バリン等)や医薬品用(アスパラギン酸等)として大量にアミノ酸が生産出来ます。
 うま味といえば日本の食文化として誇るべきものですが昆布からもとれるグルタミン酸だけが旨み物質ではありません。
 最近「舌にうまみを感じるセンサー」があることが報告され話題となりました。これまでもうま味を感じるところが舌にあると強く主張していた日本ですから、アミノ酸ではないイノシン酸やグアニル酸も当然といえば当然ですがうま味物質として世界に先駆け発酵生産させていました。イノシン酸はバチルス・サチルス(納豆菌と同じ種)の生産したイノシンをモルガネラ・モルガニイ菌が作る酵素を作用させイノシン酸への変換させる方法で作られています。

著者紹介

  惣田昱夫

1945年生まれ、1969年静岡大学農学部卒、1970年から2003年まで神奈川県庁(肥飼料検査所、衛生研究所、環境科学センター)勤務、2004年から2010年まで静岡理工科大学物質生命科学科(教授)勤務、2011年から(株)ぴゅあ、技術顧問、2012年(11月)からNPO法人 未来アース理事長、専門 環境微生物、環境(廃棄物等)工学、エネルギー微生物、農学博士

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。