「私たちは何を食べたらよいか」7

2 12月

河原ブログバナー

河原バナー図

※デザイン;食品生産力研究所

「私たちは何を食べたらよいか」7

日本の食糧自給率は先進国の中で最も低いといわれます。それでは今晩のすき焼きを輸入牛をやめ奮発して国産牛にしたら日本の自給率向上に貢献できるでしょうか。答えはNOです。よく言われる自給率はオリジナルカロリーベースと言って国産牛でも飼料が輸入であれば国産とはみなされません。また、野菜はカボチャなどを除いてカロリーが低くこの自給率には大きな影響を与えません。

主食として日本の気候に合ったお米の消費が減って、本来寒冷地に適したパンやパスタの原料小麦が増えたことと、肉食が増えて飼料穀類の輸入が増えたことが自給率低下の原因です。食生活を昔に戻すことはできないし自給率向上が究極の目標でもありませんが、日本の農畜水産業と日本人の食生活をマッチングさせていく必要はあると思うのです。

執筆者紹介:

河原芳和

神奈川県立保健福祉大学非常勤講師

ぴゅあハムの設立当時から関わり有り、乳酸菌を使った無塩漬ハムの研究開発を20年以上共同で行ってきた。
乳酸菌ハム研究開発における重要メンバー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。