乳酸菌ハム開発物語 その5 <無添加でも美味しくなければ始まらない 2>

5 9月

画像

5.<無添加でも美味しくなければ始まらない 2>

その後「亜硝酸入れて通常通り造ってもなかなか美味しくならないんで、ヤクルト試しに入れたら美味しくなるんですね。乳酸菌のような有用な微生物がハムの美味しさに影響を与えていると思います。」ということを聞いて「有用微生物の乳酸菌」というものがハム造りの決め手で何か邪道の無添加ハムでもこれを上手く使ったら美味しいものが出来るのではないか、河原先生を何とか引っ張り込んで、無添加の研究をしてもらえれば美味しくてみんなに喜んでもらえる「無添加ハム」がつくれる。「これでしょ!!」ということだったのですが、「ハテさてどうしたら河原先生が無添加ハムになびいてくれるのか・・・?」これが問題でした。

前回の話「乳酸菌ハム開発物語 その4」はこちらです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

湘南の豚『湘南ぴゅあポーク』は「中ヨークシャー」という神奈川の在来種の豚です。

NonGMO飼料で育て、生産から販売までを一貫生産しています。

詳しくは「自然との共生 湘南ぴゅあ」ホームページはこちら>> http://pureham.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。