「私たちは何を食べたらよいか」3

17 6月

河原ブログバナー

「私たちは何を食べたらよいか」3

ヒトはアフリカの熱帯でサルから進化し、次第に地球全体に生息域を広げその1つの流れはアジアを北上し3~4万年前に当時地続きの日本に到ったとされています。温暖多雨で海山が接近した日本列島に住んだ私たちの先祖は雑穀、サトイモ、大豆、果実、山菜、魚貝、海藻を食材とする食生活を営んでいたと想像されます。特に3000年前に稲作が伝わってから人々は定住し国家を形成するに至りました。その後、中国大陸との交流、16世紀以降はヨーロッパや新大陸の食物が伝播、近代からは肉食や乳製品の利用も広まり現代の食文化が形成されました。
南欧ローマと北日本青森がほぼ同緯度です。世界の食文化を取り入れながらも、寒冷で乾燥したヨーロッパや北米の農業に比べ日本の農業は全く異なる自然の下にあることを忘れてはなりません。

河原ブログバナー

執筆者紹介:

河原芳和

神奈川県立保健福祉大学非常勤講師

ぴゅあハムの設立当時から関わり有り、乳酸菌を使った無塩漬ハムの研究開発を20年以上共同で行ってきた。
乳酸菌ハム研究開発における重要メンバー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。