アースデイ東京2012 フォレストキッチン 製造日記

15 4月

アースデイ東京2012 フォレストキッチン 製造写真日記

2012年4月21、22 代々木公園で行なわれるアースデイ東京2012のフォレストキッチンでは、C.W.ニコルさん監修で、北海道のエゾシカをつかったメニューが展開される。

残り1週間と迫り、湘南ぴゅあもフォレストキッチンと共同開発の鹿肉ソーセージの製造を行ないました。

 

 

 

 

 

 
①北海道のユックさんから届いた鹿肉の肩とスネ肉

 

 

 

 

 

 

②挽肉にする前に、丁寧に汚れ等をチェックします。

 

 

 

 

 

 

 

③挽肉します。

 

 

 

 

 

 

 

④使うのは塩、砂糖、香辛料だけ

 

 

 

 

 

 

 

⑤挽肉を巨大なフードプロセッサーでまわしながら、香辛料をいれてミキシングします。

 

⑥よく混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

⑦腸詰め作業

 

 

 

 

 

 

 

⑧手で1本ずつ張りを確かめながら、竿掛けします。

 

 

 

 

 

 

 
⑨出来上がり。

自分たちの食べるものがどのように作られているのかを知っていただきたい。
作り方がそれぞれ違うからこそ、一般常識で決めつけるのではなく、生産者と消費者が互いに対話しながら、自分達が食べるもののことを考えたいと強く思います。
私たちは、これからの未来を見据えながら新しい良い食文化を築くために、多くの方々と対話して、モノ造りに励みたいです。

 

Info:

湘南ぴゅあもアースデイ東京2012にファーマーズガーデンブースに出店しています。

みんなで盛上がりましょう!!

 

湘南ぴゅあ 平井三郎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。