「七戸短角和牛を探り、そのおいしさを広める」料理人 安田花織さんのレシピ③

12 4月


「短角和牛 味噌漬けレシピ」

材料:2人分

肉の10パーセントの塩麹
ニンニク
ハーブ(タイムやローズマリーなど)
季節の野菜(玉葱、人参、里芋、セロリなど色んな種類を入れると美味しいです。)
作り方:
1.適当なサイズにカットした肉に
塩麹、ニンニク、ハーブを肉にすりこみます。
2.ビニールの袋に入れ空気を抜いて漬け込む。
3.出来れば二、三時間涼しい場所で味を馴染ませてから冷蔵庫に保管。
4.1日以上漬け込みます。
5,鍋に肉と水、ローリエを入れ野菜と肉を煮ます。
肉のサイズが薄めや小さめなら野菜から先に
大き目ならある程度肉が柔らかくなってから野菜を入れると良いです。
6、肉に塩気をしみ込ませてあるのである程度出来上がってから味を見て
塩気を調整して下さい。
薄めに仕上げ食べる直前に塩麹をかけても良いと思います。
お好みで胡椒をふって食べて下さい。
塩麹漬けの肉はそのまま焼いても美味しいです
———————————————————————————————————-
Profile
安田 花織
安田花織(やすだかおり)
料理人。
在日韓国人の祖母と父、農家生まれの母を持ち、2つの豊かな食文化に触れながら育つ。
幼い頃から食べること料理することをはじめ、縫うこと育てることと、暮らしの中の「創る」を愛する。
懐石料理で数年学んだ後コミュニティカフェ「cafe slow」http://www.cafeslow.com/のキッチンにて数年に渡りディレクション、運営に関わる。安定感のある和食も去ることながら、作り手の想いとストーリーある食材と向き合い、
食べ手の驚きや発見もスパイスに、紡ぎ出される料理に、喜びを感じる人多し。全てがまあるく繋がった世界を思い描くにあたり、「食べる」にまつわることからできることは多しと、時に料理人として、時に伝播者として、現在奔走中。Blog: http://hibinoyohaku.jugem.jp/
—————————————————————————————-

主宰:

湘南ぴゅあ http://www.pureham.com/

協力:

料理人 安田花織 http://hibinoyohaku.jugem.jp/

農業に一生をかける学生委員会SOLA  http://www.sola2006.net/

Cafe Slow  http://www.cafeslow.com/

自然派キミドリ  http://www.kimidori.info/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。