平塚農業高校”食品科学研究班”と湘南ぴゅあが結束!

6 5月

2011年5月5日に、湘南ぴゅあで平塚農業高校(以下、平農)

の食品科学研究班の生徒9名と教員2名でソーセージ体験教室を行ないました。
テーマは“食肉加工とは何か?”
平塚市で推進しているヤーコンを使って造る商品やレシピを、どのように開発、商品化していくことを通して、生徒たちに食育やモノづくり、地産地消の意味を深く理解してもらおうと、平農の小沢教員と湘南ぴゅあで話し合われてきました。
生徒たちは、今回で2度目の訪問となり、1回目は、食肉加工工場を見学してもらい、今回は、自分たちの手で、無添加のソーセージを造ってみようといった内容でした。
食肉加工講師の湘南ぴゅあの平井三郎が、原料肉からソーセージまでを理論的に説明しながら、生徒たちと一緒になって作り上げるドイツのハム・ソーセージ学校で行なわれる授業と同じスタイルで行いました。

みんなで作ったソーセージは、みんなでBBQをしていただきました。

今後11月の商品化を向けて継続的に行なわれます。

問い合わせ:
神奈川県平塚市岡崎1624
株式会社湘南ぴゅあ
tel:0463587767/fax:0463587767
担当:平井三郎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。